旭川市医師会看護専門学校は、高等課程准看護師科「准看護師科」養成と、専門課程「看護師科」養成の両課程があり、専門課程は昼間コースと夜間コースがあります。

 当看護専門学校は昭和28年に旭川市医師会准看護婦養成所として設立され、以来今日まで旭川市のみならず全道の地域医療の一翼を担う看護職員を送り出しています。

 高齢化、少子化、医療の高度化・専門化など、医療を取り巻く環境は随分変化しております。

 看護といわれる仕事は、医療機関をはじめとして福祉の分野でも益々必要とされております。

 今あなた方が住んでいるまちにとって、なくてはならない必要とされている仕事なのです。人と人とのつながりが実感できるすばらしい仕事なのです。

 是非、あなたたち若い力を看護に生かしていただきたいと思います。